Shikoukan
  株式会社思考館は、過熱水蒸気、微粒化、及び乳化分散技術を核とし、同事業に関連した装置・プラントの製造販売及びコンサルティングを行う企業です

乳化・分散事業


乳化

乳化

乳化とは、油と水のように本来混ざりにくいものを混ぜ合わせた状態のことを言います。
よく攪拌することによって、油の粒子が水の粒子を包み込むような状態(あるいはその逆)になり、油と水は一旦混ざり合いますが、多くの場合時間が経つと再び分離してきます。

このため、混ざり合った状態を長く保たせるために、多くの場合、乳化材と呼ばれる油とも水とも親和性の良い物質を少量入れます。
いずれの場合も、よく攪拌することと、できるだけ水と油を細かくすることが、よい乳化状態を作ることにつながります。

乳化は、食品や薬品、化粧品などではよく使われます。例としては、牛乳、ドレッシング、マヨネーズなどがあります。


分散

分散

一方、分散とは、基盤となる物質(溶媒と言います)の中に、微細な物質(溶質と言います)をできるだけ均一に混ぜ合わせた状態のことを言います。

こちらは、乳化のように必ずしも2つの物質が結合されているとは限らず、溶媒の中に溶質が分離して存在していますが、溶質の大きさが大きければ沈殿して溶質同士が固まってしまうこともあります。

これを避けるためには、上と同様、できるだけ溶質を細かくし、かつ均一に溶媒中に分散させることが必要です。



乳化・分散事業

当社は、このような乳化・分散を利用して、CNT(カーボンナノチューブ)の分散、薬品(サプリ)の分散、及び水質浄化事業を行っています。


思考館の乳化分散装置

思考館の乳化分散装置は、乱流現象を利用した、独自方式の乳化分散装置です。
乳化分散効果が高いのはもちろん、従来方式に比べて低圧での試料供給であるため、使用電力が非常に小さい、という特徴があります。

詳しくはこちらをご覧ください。→詳細はこちら



お問い合わせ先 :  : 03-5715-0577   : info@shikoukan.jp